大会概要

テーマ
DX後のNew Normalな医療を考える ─「出来ない」から「出来る」へ─
会 期
2021年11月18日(木)〜21日(日)※ハイブリッド開催
会 場
名古屋国際会議場(名古屋市)
大会長
白鳥 義宗(東海国立大学機構 医療健康データ統合研究教育拠点 名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)
副大会長
小寺 泰弘(東海国立大学機構 名古屋大学医学部附属病院)
吉田 和弘(東海国立大学機構 岐阜大学医学部附属病院)
総務委員長
折井 孝男(NTT東日本関東病院 薬剤部)
プログラム委員長
小林 大介(神戸大学大学院医学研究科 地域社会医学・健康科学講座 医療システム学分野 医療経済・病院経営学部門)
実行委員長
山下 暁士(東海国立大学機構 名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター)

一般社団法人:日本医療情報学会(JAMI)

第41回医療情報学連合大会におけるCOVID-19感染対策について

  • 入場条件として、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」をご自身のスマートフォンにインストールしてください。
    感染をゼロにはできませんが、発生の後の追跡を容易にすることはできます。

〈新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)インストールQRコード〉


  • App Store [QR]iPhone/iPadをご利用の方

  • Google Play [QR]Androidをご利用の方
  • マスクの着用・ご準備を必ずお願いいたします。
  • 37.5℃以上の発熱症状や咳など体調がすぐれない方、本会の開催日より14日以内に日本の入国規制国・地域への渡航歴がある方、渡航歴をお持ちの方と接触された方、いずれかに該当する方のご来場はお控え願います。下記の症状に該当する場合は、来場を控えていただきます。
  • 入場時に検温器による体温測定を行っていただき、37.5℃以上発熱のある方の来場をご遠慮いただきます。日ごとによる検査になりますがご協力ください。
  • 各会場前に手指消毒剤を設置します。十分な感染対策にご協力ください。
  • 登壇者(座長・演者)および質問者マイクは利用ごとに専用消毒スプレーにて除菌します。
  • 受付等で対面になる場所には、感染対策として飛沫防止衝立等を設置します。
  • 講演会場内の着席はソーシャルディスタンスを確保してあり、定期的に換気を行います。

参考:
名古屋国際会議場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
催物の開催制限

新着情報・お知らせ

大会事務局

名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
TEL:052-744-1977
E-mail:jcmi41@med.nagoya-u.ac.jp

運営事務局

株式会社ケイ・メッド
〒121-0823 東京都足立区伊興1-2-8
TEL:03-6803-1522
FAX:03-6803-1534
E-mail:kobayashi@keimed.co.jp