現地会場での座長について

はじめに

現地会場での座長と執り行なっていただく方法は、従来の学術大会と大きくは変わりませんが、ハイブリッド開催であるため現地会場だけでなくオンライン会場にいらっしゃる演者や参加者にも配慮いただかなければなりません。

必ず、開催地の座長・演者受付にお立ち寄りください。

セッションの基本的な流れ

  1. 必ずセッション開始前に座長席、あるいは座長待機席に着席ください。
  2. セッション開始のお時間になりましたら、セッションの開始をご宣言いただき、続いてご挨拶、セッションについてのご紹介などをお願いします。(特にオンライン参加の座長がいらっしゃる場合には、事前に役割分担などを決めておいていただけます様、お願いいたします)。
  3. 演者の発表の準備が整いますと、会場ディレクターより合図がございますので、演者と演題のご紹介をお願いします。続いて演者の口演が始まります。
  4. 演者の口演が終了しましたら、質疑の時間となりますので、質疑の司会進行をお願いいたします。
  5. 質疑ではまず現地会場の参加者からの質問のお時間とします。「質疑の手順」表をご参照ください。
  6. 次にオンライン会場の参加者からの質問のお時間とします。「質疑の手順」表をご参照ください。
  7. 演者の発表のお時間が過ぎましたら、発表の終了を宣言していただき、ご発表者にご挨拶をお願いします。
  8. セッションのお時間が過ぎましたら、セッションの終了をご宣言いただき、ご挨拶をお願いいたします。

質疑の手順

アクション 質問者の所在
現地会場 オンライン会場
質問の意思表示 質問者には挙手をしていただきます。 質問者は Webex Events の挙手機能を実行していただきます。
質問者の発見 座長の先生には現地会場の挙手のご確認をお願いします。 実行委員が Webex Events の出席者リストより挙手している出席者を探します。
質問者の選択 座長の先生に挙手している参加者からお一人を選択して頂きます。 実行委員が挙手している参加者からお一人を選びます。判断は実行委員にお任せください。
質問者の指名 座長の先生は口頭やジェスチャーで質問者をご指名ください。 実行委員が挙手している出席者のお名前を読みます。
座長の先生は発言をご許可ください。
質問者の発言準備 質問者はマイクの前へ移動します。 オペレータが Webex Events を操作して質問者のミュートを解除いたします。